‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車体の中心に近いところに乗るのがポイント

2015/05/24

個人差が大きな車酔いですが、その原因は耳にある三半規管のバランスが走行する車の振動によって崩れてしまうことから引き起こされます。
またその他、寝不足や疲労、空腹などの身体的な要因や一度酔ってしまったことがある人は、また酔うのではないかという不安感などの精神的な要因が絡んできます。
どのようなことが理由であれ、出来るだけ酔わないようにするためには事前の対策が重要です。
また車のどこに乗るのかによって酔いを対策することが出来ます。
酔い対策に最も効果的な場所は、車体の中心に近い場所です。
車は走行中に前後左右に揺れますが、その振動を少しでも感じないようにするためには、前輪と後輪の中間に近い場所が最も適切なのです。
例えば、5人乗りの普通乗用車などは、後部座席の真ん中の席、3列シートのワゴンタイプなどの場合は2列目シートの真ん中の席が最も車の酔いをしにくい場所となります。
自分が酔いやすいと自覚しているのであれば、座る場所にも注意することが酔い対策のポイントです。
その上で、乗車前の体調管理や酔い止め薬の服用などをして身体的にも精神的にも酔いに対しての不安を可能な限り減らしておくことが車の酔いを予防する秘訣です。

車酔いに効くツボを刺激する

2015/05/24

 

gf1120107989w自動車でドライブするのはとても楽しいものです。でも、せっかくの楽しさを台無しにしてしまうのが、車酔いです。

ちなみに車に酔うという現象は、ドライバーの場合にはまずありません。同乗者が酔いに悩まされます。これは、ドライバーはいつブレーキペダルを踏んで、ハンドルを切ってという動作を自分でしますから、車がどう動くかを予期できるからです。

一方、同乗者にとっては車がどう動くかがわかりませんから、酔ってしまうわけです。

さて、車に酔わないためにはいろいろな対策があります。まず、車内で下を向いて本を読んだり、DVDを見たりするのはやめたほうがよいです。基本的に遠くを眺めている方が酔いにくいです。

また、高速道路を使って遠出する際には、なるべく多くパーキングエリアなどで休憩を取るようにしましょう。運転中にもエアコンの外気導入をしたり窓を開けることで、酸素を車内に入れてあげましょう。

そして、手軽にできる対策法としてツボ押しがあります。おすすめのツボは内関という腕にあるものです。

手のひらを上に向けて、手首のシワから肘の方に2寸(1寸はその人の手の親指の幅です)行ったところに内関があります。

つむじのところにある百会というツボも良いです。

 

自分で運転すると・・・?

2015/05/24

 

車酔いをしやすい人であっても、自らハンドルを握ると不思議と酔わないということがありますよね。
これが一体なぜなのだろうかと思ったこともある人も、多いのではないでしょうか。
その理由というのは車の動きを自らの意志でコントロールすることが出来るので、次に車がどう動くのか判断することができるため車に酔わずに済むのです。

車によってしまう原因というのは自身がイメージしている動きと実際の車の動きのずれによって発生するため、人の運転では酔ってしまっても自らハンドルを握って運転をすれば酔わずに済むためなのです。
つまりイメージしている動きと実際の動きがずれればずれるほど酔いやすく、イメージどおりの動きをすればその分だけ酔いづらくなるということになるのです。
そのため、運転をしていれば必ず酔わないのかというとそのようなことはなく、イメージと車の動きが一致しづらいような激しいアップダウンや急カーブの連続が続いたりした場合には予想外の激しい揺れなどによって酔ってしまうということもありうるということになるのです。
車に酔ってしまうというのはあまり気にしすぎても、それが原因で酔ってしまうこともあるので出来るだけ余計なことを考えないということも酔わない為に重要なこととなります。

 

揺れや加速度に体を慣らす方法

2015/05/24

4967935自動車等の乗り物系に関しては、普段の生活上では体感することの無いような動きをすることによって、いわゆる車酔いを起こしてしまうことがあります。人の多くは幼少期に酔いの症状が酷く出てしまうこともあり、大人になると自然に慣れというものが出るケースも見られます。その理由の中には揺れなどに対しての耐性が備わることもありますが、自動車の運転を行っている方の場合では、加速度などに対しても自然と慣れることになるために、多くの方が酔いを感じることなくドライブを楽しむことができます。しかし、中には酔いが治らない方も存在しており、このタイプの方の場合では、前方のフロントガラスから見える光景をしっかりと把握して、路面状況等に関しても脳に情報が早く伝達されるような工夫を行うことによって、改善される場合があります。後部座席などで横の窓から景色などを見ていると、通り過ぎる体感速度が上がる傾向にあるために、余計に酔ってしまうことがあります。できるだけ前を見るということは基本とされているのですが、運転免許を持っている方の場合では、自らが運転することによっても酔いを回避できる場合も見られます。最終的には酔い止めの薬を利用する方法も用意されているのですが、肝心なことは自動車の動きに慣れることになります。

酔い止め薬の選び方について

2015/05/24

車酔い対策のために使う酔い止め薬があります。
これで吐き気や頭痛を防ぐことができますが。車に乗る30分前に服用することにより効果が出ます。もうすでに酔いが出てからですと効かない事があるので事前に予防手段として使ってください。
そしてこの薬には大きく分けて二つのタイプがあります、一つは錠剤タイプでもう一つはチュアブルタイプです。錠剤タイプは水と一緒に飲み込む形式ですがチュアブルの場合はラムネのように口の中に入れて溶かして飲みます、唾液で飲みますので水は必要ありません。
ドライブに行く時に水を一緒にもっていく場合は錠剤タイプでもいいのですが、そうでないときはチュアブルがいいでしょう。
また子供さんの場合は錠剤がのめない事が多いのでチュアブルタイプの方がおすすめです。
大体酔い止め薬は一日の効果があります。ですので一日一度飲んでおけば後はもう飲む必要はありません。
あとどのタイプの場合でも使用期限を守ってください。使用期限の終わっているものを使うは危険です。
ドライブ旅行の場合しっかりと酔い止め対策をしていれば移動がつらくなることがありません。自分が酔うと分かっているなら旅行を楽しいものにするために事前に飲んでおきましょう

車酔いしないためのコツ

2015/05/24

3243618_1車酔いの原因は走行中の振動や、発進や停止などによる過減速の繰り返しにより三半規管が刺激されて、感覚が混乱している状態です。車に酔うと気分が悪くなりせっかくの楽しいドライブも楽しさが半減してしまいます。そのため、楽しいドライブにする為にも酔いを未然に防ぐ対策が必要です。まずは疲れが残っていると酔いやすいので前日にしっかりと睡眠をとり疲れを取っておくことです。次に事前に酔い止めを飲んでおくことも効果的です。酔ってから酔い止めを飲んでも、薬が効くまでに時間がかかりますし薬の効果が十分に発揮されないので事前に飲んでおくことが重要です。そして車の中でのゲーム機や携帯等の操作を避けることです。ゲーム機や携帯等の操作は目の細かな動き が必要となる動作です。酔いは視覚も影響しているためこのような状況下になると酔いやすくなります。逆に酔わないために遠くの景色や空など大きな変化が少ないものを見ることが対策として有効です。最後に体を締め付けない、ゆったりとした服装です。ゆったりとした服装で気分を落ち着かせることができ酔いにくくなります。このように、車の酔わない対策は様々な方法があります。様々な方法を実践し自分にあった予防策を行うことで楽しいドライブを行ってください。

外的要因

2015/05/24

車酔いの原因というのは、車に酔いやすい体質や三半規管の弱さ、疲れや寝不足といった内的要因の他に、外的要因によって引き起こされることもあります。例えば、その一つはニオイです。タバコや香水や食べ物の匂いや、それらが染み付いた車内の匂いによって、車に酔ってしまうのです。これらは、車用の消臭剤によって緩和することが可能です。そして車に酔う代表的な原因となっているのは、車の揺れです。こればかりは逃れようがないので、酔ってしまったら寝てやり過ごすか、車から降りて休憩するか、最初から酔い止めを飲んでおくしかありません。移動中の車内で本や携帯電話の画面を見ないといった対策は当たり前ですが、車自体にできる対策というのも実は存在するのです。車の揺れに関係しているのは、車の足廻りのパーツつまりサスペンションになります。サスペンションのバネが柔らかいと車体がフラつきやすいので、酔いやすい車ということになります。サスペンションはチューニングショップなどでも販売されていますが、より硬い足廻りに替えると、車体のフラつきやフワフワした乗り心地が軽減されて酔いにくくなります。さらには、車がカーブを曲がる時にも、遠心力で外側に引っ張られる力が低減されるので、コーナリング性能も向上して一石二鳥になるというわけです。

身体的要因

2015/05/24

???? Vol.107 ?????????????車酔いの原因は、三半規管が車に乗っている際の揺れや加速、減速などにより刺激を受け、目が回ったような状態になり起こることが知られています。この現状には個人差があり、未発達な子供が酔いやすかったり、あまり車に乗り慣れていない人が酔いやすいという傾向があります。
三半規管は、人間の平衡感覚を司る器官で、この機能により人間はバランスを保っており、自分の体が水平かどうかを感じたり、移動しているかどうかを感じたりしています。しかし、一定の時間同じ速度で移動したりすると、慣れて速度を感じなくなってしまうのです。しかし、これが未発達の場合にはその動きを過剰に感じ、気持ちが悪くなるという現象が起きてしまいます。
また、乗り物酔いは空腹時や睡眠不足の時には特に起きやすいものです。このような状態のときには神経が非常に敏感になっており、ちょっとした三半規管の動きが増幅されて非常に乗り物酔いしやすい状態になります。また、満腹の際にはちょっとしたはずみで吐き気を催したりするものですが、これが車の振動や加減速による刺激により増幅され、乗り物酔いにつながってしまうのです。
乗り物酔いは先入観も非常に大きく影響します。自分は車に酔うと思っている人は酔いやすいものです。空腹時などの神経が過敏になっている際には車に乗ることは避けることと、車に酔うかもしれないと思っている場合には車に乗らない方がよいでしょう。

車酔いについて知る

2015/03/09

 

車酔いとは車の揺れやスピードによって三半規管が刺激されることにより気分が悪くなる症状のことを指します。
実は一時的な自立神経の失調状態でもあるのです。
車の揺れの他にもガソリンの臭いなども原因になります。
スピードが原因と言うのは景色の変わるスピードに自分の眼球がついていけないために脳が混乱してしまうためです。
大体車も乗り慣れていますと段々と酔うことはなくなるのですがかかってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。
乗り物酔いのための薬が販売されていますのでこれを飲ませるといいでしょう。もしもそれもない場合には子供にはラムネなどを食べさせるのも方法です。
これは薬だと信じ込ませることによって乗り物酔いを避けるというものです。過去に乗り物酔いをしたこともある人は車に乗ると酔うと思ってしまうために本当に酔ってしまいます。
薬を飲んでいるので大丈夫だという暗示をかけることによって解決するのです。
乗り物酔いの薬は予防手段ですのでもうかかった後にはききません。ですのでかかったときには横になるとか窓を開けて外の空気を吸ったり遠くの景色を見るようにしてください。
車内で本を読んだりゲームをすると酔いやすくなるので避けましょう。