車酔いに効くツボを刺激する

 

gf1120107989w自動車でドライブするのはとても楽しいものです。でも、せっかくの楽しさを台無しにしてしまうのが、車酔いです。

ちなみに車に酔うという現象は、ドライバーの場合にはまずありません。同乗者が酔いに悩まされます。これは、ドライバーはいつブレーキペダルを踏んで、ハンドルを切ってという動作を自分でしますから、車がどう動くかを予期できるからです。

一方、同乗者にとっては車がどう動くかがわかりませんから、酔ってしまうわけです。

さて、車に酔わないためにはいろいろな対策があります。まず、車内で下を向いて本を読んだり、DVDを見たりするのはやめたほうがよいです。基本的に遠くを眺めている方が酔いにくいです。

また、高速道路を使って遠出する際には、なるべく多くパーキングエリアなどで休憩を取るようにしましょう。運転中にもエアコンの外気導入をしたり窓を開けることで、酸素を車内に入れてあげましょう。

そして、手軽にできる対策法としてツボ押しがあります。おすすめのツボは内関という腕にあるものです。

手のひらを上に向けて、手首のシワから肘の方に2寸(1寸はその人の手の親指の幅です)行ったところに内関があります。

つむじのところにある百会というツボも良いです。

 

コメントは受け付けていません。