車酔いについて知る

 

車酔いとは車の揺れやスピードによって三半規管が刺激されることにより気分が悪くなる症状のことを指します。
実は一時的な自立神経の失調状態でもあるのです。
車の揺れの他にもガソリンの臭いなども原因になります。
スピードが原因と言うのは景色の変わるスピードに自分の眼球がついていけないために脳が混乱してしまうためです。
大体車も乗り慣れていますと段々と酔うことはなくなるのですがかかってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。
乗り物酔いのための薬が販売されていますのでこれを飲ませるといいでしょう。もしもそれもない場合には子供にはラムネなどを食べさせるのも方法です。
これは薬だと信じ込ませることによって乗り物酔いを避けるというものです。過去に乗り物酔いをしたこともある人は車に乗ると酔うと思ってしまうために本当に酔ってしまいます。
薬を飲んでいるので大丈夫だという暗示をかけることによって解決するのです。
乗り物酔いの薬は予防手段ですのでもうかかった後にはききません。ですのでかかったときには横になるとか窓を開けて外の空気を吸ったり遠くの景色を見るようにしてください。
車内で本を読んだりゲームをすると酔いやすくなるので避けましょう。

 

コメントは受け付けていません。