酔い止め薬の選び方について

車酔い対策のために使う酔い止め薬があります。
これで吐き気や頭痛を防ぐことができますが。車に乗る30分前に服用することにより効果が出ます。もうすでに酔いが出てからですと効かない事があるので事前に予防手段として使ってください。
そしてこの薬には大きく分けて二つのタイプがあります、一つは錠剤タイプでもう一つはチュアブルタイプです。錠剤タイプは水と一緒に飲み込む形式ですがチュアブルの場合はラムネのように口の中に入れて溶かして飲みます、唾液で飲みますので水は必要ありません。
ドライブに行く時に水を一緒にもっていく場合は錠剤タイプでもいいのですが、そうでないときはチュアブルがいいでしょう。
また子供さんの場合は錠剤がのめない事が多いのでチュアブルタイプの方がおすすめです。
大体酔い止め薬は一日の効果があります。ですので一日一度飲んでおけば後はもう飲む必要はありません。
あとどのタイプの場合でも使用期限を守ってください。使用期限の終わっているものを使うは危険です。
ドライブ旅行の場合しっかりと酔い止め対策をしていれば移動がつらくなることがありません。自分が酔うと分かっているなら旅行を楽しいものにするために事前に飲んでおきましょう

コメントは受け付けていません。